私の理想のマイホームとは

東京の車検事情

私の理想のマイホーム像があります。私の実家はもともと私が小学生の頃に建てられました。家を建てたときはすごく嬉しくてかなり舞い上がっていたと思います。

そして自分に初めての自分の部屋ができましたので、そのことがものすごく嬉しかったのを覚えています。なので、私の子どもにも自分の子供部屋を必ず作ってあげたいなとはおもっています。

ですが、あまりに早い時期に子どもを自立させてしまいますと、家族団欒がなくなりますので思春期に入る頃くらいに子どもは子どもの部屋を持つこともいいと思います。

私の子は3人なので、将来どちらか2人が一緒の部屋になるかと思います。ですが、それも兄弟仲良く決めて欲しいです。

そして、私が理想としているマイホーム像はまだまだあります。私の実家はいつもたくさんの人でとても明るい家になっていますので、私もそういう人が集まるような明るい家を建てたいと思っています。

 

明るい雰囲気の家ですと、いろんな人を笑顔にしますし運気もいい方に流れると思います。なので家の中から明るくするには、まず日当たりが良い吹き抜けの造りの家にしたいと思っています。

吹き抜けですと天井も広いですし、上の方に窓をつければ日当たりもすごくよくなりますので、光が差し明るい雰囲気にしてくれるはずです。

なので、吹き抜けは欠かせないなと思っています。そして、少し細かいことになりますが、収納は多めの家にしたいと思っています。私の実家も今住んでいる団地も少し収納が足りないので、とても不便に感じることが多いのです。

子供がいますと物がすごく増えますので、収納を多く作り、住みやすい環境にしていきたいと思いました。また、私自身毎日料理をしますのでキッチンも広めに取りたいと思っています。

やはりキッチンが狭いですと料理しにくいですし物も溢れかえりますので広めのキッチンにしたいと思います。